世界一のエコノミーと評判のタイ国際航空!快適度は?またマイルはどれだけ貯まる?

タイ国際航空は世界でも有数の規模を誇るエアライン。世界ベストエアラインの上位に常にランクインされ評判も上々です。

スカイトラックス社の2017年の格付けでは、ベストエコノミークラスでナンバーワンにもなっています。エコノミークラスの座席や食事、サービスなどでランク付けされているそうで、タイ国際航空は総合してエコノミークラスの満足度が世界一高いエアラインという評判です。

タイ国際航空、福岡ープーケット間のエコノミーを子連れで利用してきました。実際に利用してみてどうだったか、詳しくお伝えします。

海外

快適なタイ国際航空でのフライト

機内の様子

福岡ープーケット間をエコノミークラスで利用しました。

↑福岡発は中型機体(A330-300)です。

今回利用した機体はエコノミークラスは263席で、座席の配列は2-4-2となっています。(ちなみに、成田発の便には2階建の大型の機体(A380-800)が導入されており、エコノミークラスは435席、座席の配列は1階席2-4-2、2階席3-4-3。)

機内は紫色を基調とした落ち着いた雰囲気で座席の間も割とゆったりめ。シートピッチは標準的な国際線エコノミーより2センチほど広い32インチ(約81cm)あります。

各座席には10.6インチモニターが付いており、エンターテイメントも充実。

機内は清潔で、欧米系のエアラインは寒すぎることが多いですが、私個人的にはタイ国際航空は寒すぎたり、暑かったりすることもなかったです。カーディガンを羽織って毛布を膝にかければ割と適温でした。(フライトによっては寒いこともあるかもしれませんので、上着は持参しましょう。)

機内食やサービス

機内食は路線や時間帯によって様々ではあると思いますが‥福岡発、昼間のフライトでの一例を。

まずは最初におつまみと飲み物。日本発の便ですが、タイのビールを飲むことができます。changの他にもSINGHAもありましたよ。

機内食は2種類から選べます。私が搭乗した際はチキンとビーフが選べました。チキンはタイ風の味付けではありませんで、蕎麦やひじきの煮物など和風の味付け。美味しく食べられました。

メニューもフライトや月によって変わるようで、グリーンカレーなどのタイ料理が提供されるフライトもあります。

子供用にも最初に飲み物とおつまみ?のおっとっとが出てきました。

機内食は子供が喜びそうなハンバーガーランチです。着陸の前にはバニラアイスクリームのデザートも出ました。

帰国はバンコク発の深夜便を利用しました。深夜便の機内食は到着前の朝食です。

大人用はライスかエッグか選べました。エッグはオムレツ、添えてあった焼トマトも美味しかったです。パン、フルーツ、ヨーグルトも付いていました。

チャイルドミールはフレンチトーストにマフィンとパン、フルーツにヨーグルト。

子ども用のアメニティーは4歳の娘はバビーのシールブックを頂きました。何度も貼って剥がせて遊べるタイプのものでとても可愛い!

2歳の下の子どもはビニール風船。タイ国際航空のキャラクター?

ちなみに帰りは子供用のおもちゃの代わりにお菓子の入った缶バッグをお土産で頂きました。グミやチョコレート、クッキー、パックジュース、ミルクなんかが入っていました。

機内食もサービスもなかなかよかったのですが、タイ国際航空はCAさんがとても親切だったのが印象的です。

バンコクまでは6時間近くのフライトでしたが、子どもに優しいCAさんが多くて終始気にかけて下さったので快適にすごせました。後方の席に座っていましたが、子どもが退屈して後ろのスペースに散歩に行ったときに男性のCAさんはオニギリを食べていましたが、イヤな顔ひとつせずに子どもに話しかけてくれたりしました。休憩中に申し訳なかったですが‥^^;

女性のCAさんは美人さんが多くて、またタイの衣装のような制服も素敵でした。

日本語を話せる人は行きの便では見かけませんでしたが、帰りの便は日系のエアラインと共同運行だったようで、日本人のCAさんも搭乗していましたよ。

 

実際にタイ国際航空のエコノミークラスを利用してみて、特に不快なことはなにもなくとても快適なフライトだったと感じました。

今まで子連れで日本航空、全日空、デルタ、シンガポール、大韓航空、ユナイテッドのエコノミーを利用したことがありますが‥接客、食事やアメニティーなどのサービス面、座席の快適度、子連れでの利用のしやすさなどトータルで考えるとやはり評判通り一番満足度が高いフライトだったかなと思います。

日本からタイ国際航空を利用する

タイ国際航空のタイ、バンコクへの便は日本各地の空港から出ています。

羽田、成田、関空、セントレア、札幌、福岡より1日1便〜3便。

所要時間は東京、札幌発は行き約7時間関西、中部発は約6時間半福岡発は約5時間52分です。帰りは行きよりも40〜60分ほど所要時間が短くなります。

予約はタイ国際航空の日本語ウェブページから。

 

座席指定、機内食の予約はできる?

搭乗前に快適な座席を指定できるといいですよね。

タイ国際航空は航空券を購入すると、アルファベットの予約番号と名字でログインすれば、いつでもオンラインで予約状況の確認や座席指定、また機内食の予約をすることができます。

日本からバンコク行きの座席指定はいつでも可能です。バンコクープーケット間の国内線フライトは24時間前のオンラインチェックインの際で指定することができます。

機内食はキッズミール、ベビーミールの予約もできます。また大人用の機内食も普通食、ベジタリアン食、ムスリム食、糖質制限食などかなり色々と用意があります。

搭乗24時間前からはパソコンや携帯からiチェックインができ、当日チェックインの列に並ぶ必要がなく荷物を預けるだけでOKなのでとても楽です。

予約クラスともらえるマイル

タイ国際航空の公式ページから予約する際に、日にちや時間を指定すると同じエコノミークラスでも価格や条件の違う4つの予約クラスが出てきます。

価格も条件も違う、5つの予約クラス

エコノミーの中でも予約クラスは5つ。予約クラスによって変更キャンセルができなかったり、変更手数料の値段が違ったり、またマイレージの積算率も変わります。

SUPER SAVER PLUS

こちら価格重視のクラス。予約クラスはV / Wなど。

予約変更や経路変更は不可です。キャンセルや払い戻しは条件によって2万円〜2万5千円で可能。

ロイヤルオーキッドのマイル積算は25%です。

成田ーバンコク間は2868マイル。

その25%だと717マイルがもらえることになります。

SAVER

SAVER。予約クラスはV / Wなど。

予約変更、経路変更は不可。キャンセルや払い戻しは2万円にて可能。

ロイヤルオーキッドのマイル積算は25%

成田ーバンコク間は2868マイル。

その25%だと717マイルがもらえることになります。

SAVER PLUS

SAVER PLUS。予約クラスはT / Kなど。

予約変更は1万5千円で可能。キャンセルや払い戻しは1万5千円にて可能。経路変更は不可です。

ロイヤルオーキッドのマイル積算は75%

成田ーバンコク間は2868マイル。

その75%だと2151マイルがもらえることになります。

FLEXI

こちらは予約クラスM / H / Qなど。

予約変更は1万円で可能。キャンセルや払い戻しは1万円にて可能です。経路変更は不可能です。

ロイヤルオーキッドのマイルの積算は100%です。

成田ーバンコク間だと2868マイルもらえます。

FULL FLEX

こちらは一番条件がよく、価格も高い予約クラスY / Bなど。

予約変更は無料で可能。キャンセルや払い戻しは出発前は1万円で可能。出発後の払い戻しも一部可能な場合もあり。経路変更も1万円で可能。

ロイヤルオーキッドのマイルの積算は100%です。

成田ーバンコク間だと2868マイルもらえます。

価格の比較

適当に成田からバンコク行きのチケットを検索してみました。

左の価格が安い順から‥

SUPER SAVER PLUS」「SAVER」「 SAVER PLUS」「 FLEX」「 FULL FLEX」の価格です。

一番安い予約クラスと高いクラスでは同じエコノミーでも全然値段が違います。

一番お得なSUPER SAVER PLUSは搭乗日が近づくにつれてどんどん売り切れていきますので、マイルを気にしない価格重視の方は早めの予約がオススメです。

タイ国際航空でどれぐらいANAマイルが積算される?

タイ国際航空を利用することで同じスターアライアンスメンバーのANAマイルを貯めることができます。マイル申請は予約後にオンラインでできます。また搭乗後の申請も可能。

しかしタイ国際航空のロイヤルオーキットで100%積算のY/B/M/H/Qクラスでは100%ANAマイルとして積算されますが‥

※75%積算のK/T/Sクラスだと50%それ以下のV/WクラスはANAマイルは積算されません。

私は今回はKクラスで予約し、そのことを知らずに75%もらえると思っていたのですが、実際にはANAマイルの積算は50%でした。

タイ国際航空の便に搭乗して、約4日後。ANAマイルが積算されました。

今回は福岡ープーケット往復で2736マイル、家族4人分のマイレージを登録していましたので一家で往復合計10,944マイルです。

ちなみに参考までに日本ーバンコク間のマイル数は以下のようになっています。

成田ーバンコク

マイル数は2868マイル、50%だと1434マイル

関西国際空港ーバンコク

片道マイル数は2594マイル、50%だと1297マイル

福岡ーバンコク

片道マイル数は2312マイル、50%だと1156マイル

幼児、小児の料金、マイルは?

2歳以上だと小児料金、大人運賃の75%です。

2歳以下は座席を使用しない幼児料金、大人運賃の10%です。

幼児、小児のマイル数も大人と同じ分だけ積算されますので、マイレージ登録はお忘れなく!ANAのファミリーマイル登録方法は以下をご参照ください。

格安航空券の場合は?

旅行代理店やネットなどで格安航空券を購入する場合は割引航空券のX/Vクラス、もしくはT/Kクラスであることが多いのですが、予約クラスは分かりません。

もし購入したチケットがX/Vクラスだとマイルが全く積算されません。せっかくマイルが貯められる国際線なのに、0%だと少し損した気分になりますね。購入する前にチケットの予約クラスを代理店にお問い合わせするのがいいかもしれません。

最後に

快適に空の旅が楽しめるタイ国際航空。タイに着く前の飛行機の中からタイの雰囲気やおもてなしを感じることができ、世界一のエコノミーと言われるのも納得のフライトでした。

タイに行かれる際はぜひタイ国際航空を利用してみてくださいね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子連れプーケットでオススメのリゾート「マイカオ マリオットビーチ」はこんなところ...

NO IMAGE

プーケットでの結婚式に参列します!プーケットの基本情報まとめ

知ってる人は得してる!ポイントサイトを活用してANAマイルをたくさん貯める方法と...

【プーケット】マイカオの美味しいローカルタイ料理「Kin Dee restaur...

NO IMAGE

マイルを貯めるのに重要!!最初に作っておくべきソラチカカードとは?

NO IMAGE

【子連れ飛行機】赤ちゃんは無料?幼児は?国際線の航空券予約で知っておきたいこと