日本でもブームの予感!?タイで今大人気のスーパーフード、ライスベリーとは?

先日、弟が里帰りした際にタイ人の弟嫁ちゃんがお土産を持ってきてくれました。

見たこともない紫色のお米、ライスベリーというそうです。

なんでも、美容、健康志向の高いタイの人たちの間で大人気のスーパーフードなのだとか!

調べてみると、栄養豊富でとっても身体によさそう!

頂いたライスベリー、早速我が家でも試してみました^^

ライスベリーとは?

ライスベリーはタイの黒米とジャスミンライスを掛け合わせて作られた新しい品種の米で、その細長い形と綺麗な紫色が特徴です。

高い栄養素と、ジャスミンライスの香りの良さがいかされたお米で、無農薬、有機で栽培されていることもあり、安心安全のライスベリーはタイでは健康志向や美容意識の高い人たちからとても人気があるそう。

タイでは高級米で、デパートや高級スーパー等で販売されています。真空パック1kgでだいたい100〜150バーツ(300円〜450円)ほど。

また健康志向のカフェやレストランでも積極的に取り入れられはじめています。

注目すべきはライスベリーの栄養素!

タイでも人気のこのライスベリー、注目すべきはその栄養素。

紫色の例えばワインなどがポリフェノールが豊富で有名ですが、このライスベリーも同じくポリフェノールが豊富な食べ物です。

このポリフェノール、それからライスベリーに含有量の多いベータカロチンは高い抗酸化作用があり、活性酸素を除去して血液をサラサラにしてくれます。アンチエイジングにも効果があります。

またオメガ3は青魚などにも多く含まれる不飽和脂肪酸で、コレステロールや中性脂肪を下げてくれます。

米に含まれるガンマオリザノールも同じく、コレステロールを下げてくれます。

食物繊維鉄分亜鉛葉酸ビタミンC、Eなども多く含まれていて、まさに栄養の宝庫!

このライスベリーを食べることで、

  • アンチエイジングなどの美容効果
  • ガンなどの病気の予防

にも役立つと言われています。

ライスベリーの炊き方、食べ方

ライスベリーは白米と同じように炊飯器で焚いて気軽に食べられます。プチプチとした食感で、香りもジャスミンライスのような香り。白米を食べ慣れている日本人にとっては最初はなかなか馴染めないかもしれませんが‥

我が家の場合は白米とライスベリーを半々で焚いています。水加減も白米と同じ。

炊きあがると全体的に紫色になります。このまま食べてももちろん美味しいです。

ですが、どうやって食べるのが一番美味しいのか‥

最初、タイのお米だからカレーでしょう!ということで、日本のカレーをかけて食べてみたのですが、うーんあんまり合わない‥

タイカレーだったらいいんでしょうけれど。

タイのお土産にもらった辛いシーズニングで味付けしたタイ風肉そぼろごはんにしてみましたが、こちらはばっちり美味しかったです。

ライスベリーの鶏粥

風邪で体調がよくないときには栄養豊富なライスベリーでお粥を作ってみました。

白米とライスベリーと半々で生米からお粥を焚きます。

お米の6〜7倍の水、大根とショウガのすりおろし、そして鶏もも肉をドンっと。

最初に強火で沸騰させたら、後は弱火でコトコト煮ます。時々、鍋をかき混ぜます。最後に塩で味付けをしたら完成!味が足りなければ鶏ガラスープを足してもOK。

鶏のうまみが出て、ほっこり身体に優しく美味しい栄養満点のお粥。ちょっと見た目は紫で食欲そそられないかもしれませんが‥

骨付き肉だともっといいダシが出るのでオススメですよ^^

 

ライスベリークッキー

また煎ってみてもポリポリ美味しくて。なので、クッキーに混ぜ込んでみました。

  • 薄力粉50g
  • バター40g
  • ライスベリー20g
  • 砂糖20g

① まずライスベリーをフライパンで香ばしく煎っておく。

② 常温にもどしたバターを柔らかくクリーム状になるまで混ぜ砂糖を入れて練り込む。

③ ②に薄力粉、ライスベリーを入れてひとまとまめにする。(あまり混ぜたりすぎたり、捏ねたりしないように気をつけてくださいね)

④ 薄く伸ばして好きな形に成形。

⑤ 180度で約10分。(焼き時間はオーブンの具合で加減してください。)

完成!バターたっぷり、またライスベリーの香ばしい香りと食感も!なかなか、いや‥かなり噛みごたえがあります。また栄養もたっぷりのライスベリーなので、子供のおやつにもぴったりです。

我が家の子供たちには大うけ。しっかり噛んで食べていましたよ^^

私がバター風味のクッキーが大好きなのでバター多めのレシピですが、お好みのクッキーレシピがあればそれでもいいかもしれません。

最後に‥

栄養豊富でしかも美味しいライスベリー!日々の生活に取り入れて、健康維持やアンチエイジングに役立てたいですね。

まだまだ日本ではあまり見かけないライスベリーですが、日本でもFOODEXなどの食品展示会などで紹介され、少しずつ認知され始めているようです。

日本ではまだ購入できるところはないようなので、ぜひタイに行った際には買って帰ってみてくださいね^^ちょっと持って帰るのは重たいですが‥


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見た目と味のギャップが半端ない!タイで人気のタマリンドは女性に嬉しいスーパーフル...

【プーケット】マイカオの美味しいローカルタイ料理「Kin Dee restaur...

タイに行ったら飲んでみて!タイで定番のアイスミルクティー、チャイエン

NO IMAGE

産後ママ必見!旅行までになくしたい!お腹のたるみと妊娠線

タイでのチップは必要?渡す場面や相場が分かれば安心!

子連れプーケットでオススメのリゾート「マイカオ マリオットビーチ」はこんなところ...