子連れプーケットでオススメのリゾート「マイカオ マリオットビーチ」はこんなところ!

ファミリーに人気のビーチリゾート、プーケット。

プーケットには数多くのリゾートホテルがありますが、中でもマリオットはファミリーに利用しやすく人気の高いリゾートです。

我が家も2歳、4歳の子供を連れて3日間ステイしました。

評判通り、家族でのんびり楽しむのにぴったり!なホテルでした♪

お部屋はどんな感じ?子供のプールは?オムツや食材を買える場所は?キッズクラブってどんな感じ?

実際に宿泊したマイカオマリオットビーチについてリポートしたいと思います^^

子連れでプーケット旅行を検討している方の参考になれば幸いです。

マイカオマリオットビーチ

まず。プーケットにはマリオットがいくつかあります。中でもこのマイカオには隣接して「マイカオマリオットビーチ」「JWマリオット」「プーケットマリオットビーチクラブ」の3つのホテルがあります。

JWマリオットは高級なリゾートホテルといったところですが、マイカオマリオットビーチとマリオットビーチクラブはコンドミニアムタイプのリゾートホテルです。

我が家がステイしたのは「マイカオ マリオットビーチ」。ホテル内の施設がコンパクトにまとまっていて利用しやすく、小さい子供連れのファミリーにオススメのリゾートホテルです。

チェックインは16時から。ロビーではウェルカムドリンク(ティー)を頂きました。

マイカオマリオットビーチは133のお部屋のあるリゾートホテル。すべてのお部屋がキッチン付き2ベッドルーム、また広々したベランダが付いています。

1階のお部屋には小さいですが、プライベートプールも付いています。

2ベッドルームの広々お部屋はファミリーにぴったり!

カードキーでお部屋に入ると、ゾウさんがお出迎え!

  

キッチン、ダイニング、リビングスペース、そしてベッドルームが2部屋あります。リビングとベッドルームが分かれているのは子連れには嬉しいです。同じ空間だと電気を消してそのまま子供と一緒に寝てしまうなんてことにも‥^^;

  

こちらは奥側のマスターベッドルーム。キングサイズのベッド、入って右手にはバスルームとトイレ、シャワールームがあります。洗面台も左右2ヶ所。

マスターベッドルームのキャビネットの中には貴重品用の金庫もあります。

玄関入ってすぐのお部屋はゲストルーム。ゲストルームにもバスタブ付きのシャワーとトイレが付いています。

  

リビングやマスターベッドルームからは広々したベランダに出られます。

設備充実で暮らすようにのんびりステイできる

こちらはキッチンです。調理家電(IHコンロ、炊飯器、ケトル、コーヒーメーカー、レンジ)や器具(鍋やフライパン、お玉など)、食器、カトラリー、グラス等、必要なものはなんでも揃っています。

  

まあ、できれば旅行中はあまり料理なんかはしたくないですけどね‥

でも小さい子供がいると毎回外食では疲れてきますし、ちょっとした調理(このキッチンは本格的な調理も可ですが‥)ができてお部屋でのんびり気兼ねなく食事ができるので有り難いです。

ちなみにすぐ近く(タートルビレッジ内)に食材を調達できるスーパーもあり。

コーヒー、紅茶などのパック、またお水のボトルも毎日補充してくれます。お水はキッチンにも2本、計5本。暑いプーケットでは水分補給は欠かせませんし、たっぷりのお水で調理にも使えて便利です。

飲み物コーナーにはコーヒーメーカー用のペーパーとコーヒー粉もありました。

そして、玄関は入ってすぐの扉を開けるとランドリーコーナー。

洗濯機と乾燥機も付いています。洗濯洗剤もちゃんと用意してありますよ。洗濯機は色んなモードがあって分かりにくいですが、、使い方の説明書は一応あります。

外に洗濯を干していましたが、あまり乾かなかったのでほとんど乾燥機を使いました。

子供も大人も楽しめるプールや施設などが充実

宿泊棟、プール、フロント、レストラン、キッズ託児棟、とにかくすべてがコンパクトにリゾート内にまとまっていて迷子になることはほぼありません笑

大人用のプールは一部深くて、158センチの私でも足がつかない場所もありました。子供が泳ぐには浮き輪やアームは必須です。上に屋根があるエリアは足首くらいの浅いエリアになっていて、小さい子供でも大丈夫。

リラックスできるカウチやソファーもたくさんあり、ビールなどを飲みながらプールサイドでのんびりお昼寝も最高です♪

キッズプールもあります。噴水のようにピュッピュと水が出てきたり、またスライダーのプールもあり、子供はこのプールで大満足だったようです。

プールサイドのバー。飲み物や食べ物も色々とあります。この辺に座っているよ、と伝えておけば注文したものを遠くのカウチにも運んできてくれます。

16:30から2時間はハッピーアワーの時間。一杯頼んだ後に、同じものをもう一杯飲むことができますよ。

また夜にはプールサイドで映画をやることも。

パットゴルフや卓球台もあります。

フロントの上の階にはフィットネスもあります。食べてばかりになりがちの旅、フィットネスで運動不足解消できます。パパは毎朝通っていました。

無料で参加できるアクティビティー

マリオットの魅力の一つは豊富なアクティビティーです。こちらはキッズアクティビティーのスケジュール。その時々によって内容は変わるとは思いますが‥

クッキングクラス、タイ語クラス、クライミングクラス‥と子供も楽しめるものが盛り沢山!しかもほとんど無料なのが嬉しい。

フロントの隣りがキッズアクティビティーや託児のお部屋です。うちの子供たちは子供だけで託児には行ってくれなかったので‥

親子で一緒にバルーンアートに参加しました。お姉さんがささっと手際よくお花や剣などを作ってくれました^^

キッズクラブのお部屋の中にはおもちゃや本、またDVDなどもあり、いつでも自由に遊ぶことができます。

またマシュマロ焼きや、タオルで動物を作るアクティビティーにも参加!子供たちはとっても楽しそうでした♪

子供のだけでなく、大人のアクティビティーも充実しています。

毎朝ヨガクラスも開催されていましたし、大人プールでのエクササイズなんかも行われていました。

子連れでもゆったり寛げるレストラン、カフェ

キッズプールの前にはゼストというレストラン、その横にデリが併設されたディライトというカフェがあります。レストランは私が行った際はシーフードビュッフェをやっていました。

ゼストはタイ料理がメインのレストランです。日本人の口にも合いやすいお味で、子供の食べられる辛くないメニューもあります。子連れは早い時間帯の利用がオススメ。早い時間であればレストランもカフェもすいているので、気兼ねなく食事ができます。また子供用のお皿、カトラリー、イスの用意もあります。

ディライトはお茶だけでなく、食事もできます。こちらもタイ料理がメインですが、子どもが食べられる辛くないメニューもあります。こちらはソファー席でゆったり寛げてオススメです。

値段はローカルのレストランに比べるとかなり高めではあります。利用したシーフードビュッフェはワインをボトルで頼んだこともあり、トータルでなかなかいいお値段でした。

お支払いはその場払いでも部屋づけにもできます。

“Could you charge it to my room?”

部屋づけにして頂けますか?

と言ってルームナンバーを伝えればOKです。

デリは惣菜や果物、パン、デザート、飲み物からちょっとしたお土産まで売られていましたよ。朝食を付けていなかったのですが、こういったデリでパンなどを調達してお部屋で朝食を食べました。

朝食を付けている場合はレストラン(ゼスト)で食べることができます。

 

マリオット内をシャトルバスで移動できます

3つのマリオットを移動できるシャトルバスがあります。

ちょっと他のホテルの雰囲気を味わいたいなーというときや、他のマリオットのレストランも利用したいなーっていうときなどに便利。シャトルバス乗り場はエントランスを出たエリアにあります。

マイカオビーチまでも歩いていけます

マイカオビーチまでは歩いて5分ちょっと。

お隣りのホテル、アナンタラ専用の魅力的なビーチエリア(カウチ、タオル貸し出し)がありますが、こちらは宿泊者専用で利用不可。

マイカオマリオットビーチのそういった設備は特になし‥

自分たちでタオルなどビーチグッズを持参しましょう。

プーケットは乾期(11〜3月)の時期だと波が穏やかで泳ぐことができますが、雨期(6〜10月)は波が高く泳ぐのはあまりオススメできません。私が行った1月は波もほとんどなく穏やかでした。

ビーチの一角にはローカルマッサージのお店もあります。1時間500バーツでした。

体格のいいおばちゃんたちが待ち構えていますが、思ったより痛くもなく凝りがほぐれたそうです。(パパ談)

また飲み物を売っている屋台もあります。ココナッツはその場でカットしてくれます。冷たいものか常温のものかを選べました。

すぐ隣りには日用品やお土産を購入できるタートルビレッジも

お買い物はすぐ隣りのタートルビレッジで。ビレッジの地下駐車場の奥にはスーパーもあり、食料品、ビーチグッズ、子供や赤ちゃん用品など日用品は割と必要なものが揃っています。ローカルスーパーに比べるとお値段は高めにはなりますが、、

オムツや離乳食、哺乳瓶やミルク、子供用のおやつなども売っています。

また両替所もありますし、タイシルクで有名なジムトンプソンなどのお店やお土産やさん、カフェやバー、レストランなども色々とあります。

THE COFFEE Clubというカフェレストランにランチで行きましたが、こちらはパスタなんかの子どもが好きなメニューもあります。デザートや飲み物類も豊富でした。

メインのレストランの奥がちょっとしたプレイエリアのある別館になっています。メニューは一緒。ベビーチェアや皿、カトラリー等も揃っており子連れにも利用しやすかったですよ。

空港から近く、静かにのんびりすごせる立地

マイカオマリオットビーチのあるマイカオ地区はプケット島の北部にあります。

空港からは車で15〜20分ほどと近いですが、プーケット一番の繁華街パトンからはかなり離れています。リゾート地なので周りにはほとんど何もありません。

プーケット内をアクティブに回るには向いていない場所かもしれません。

ですが、リゾート内は施設が充実しているので、静かなリゾート地で家族みんなのんびりステイを楽しむには最適です。

小さい子供連れには、暑いプーケットでアクティブに動き回るよりも、こちらの方が子供のペースでゆっくりすごせていいかもしれませんね。

お得に予約するには?

マリオットはバケーションクラブのタイムシェアですが、会員にならなくてもホテル予約サイトで予約することが可能です。

値段重視でお得に予約するのであれば、agodaやエクスペディアなどをチェックしてみましょう。私はエクスペディアで予約をしましたが、かなりお得に予約できました。

>> 最安値保証のある予約サイトのagoda

>> タイムセールでお得に!予約サイトのエクスペディア

またそういった予約サイトが心配‥という方はサポート体制もしっかりしている日本の大手代理店JTBでの予約がオススメです。

>> 信頼度の高い日本の旅行代理店JTB

 

さいごに

マイカオ マリオットビーチは‥

  • 広々した設備の整ったお部屋
  • 充実したプール施設
  • 豊富なアクティビティー
  • ファミリーフレンドリーなレストランやショップ
  • 徒歩圏のビーチ

子供連れでのんびりリゾートステイをするのにぴったりのリゾートです。

大人も子供も日常から離れてのんびり楽しむ時間もたまには必要♪

ぜひ、次のお休みはプーケットでのステイを検討してみてくださいね^^

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【プーケット】マイカオの美味しいローカルタイ料理「Kin Dee restaur...

和室でくつろぐ子連れホテルステイ!アゴーラ福岡山の上ホテル&スパに泊まってきまし...

“子連れで温泉” 大分のトライアル温泉郷はコスパもよくてオススメ!

【子連れシンガポール】憧れのホテル、マリーナベイサンズはこんなところ!

NO IMAGE

タイ、プーケットのお土産は何がオススメ?喜ばれるお土産は? 

NO IMAGE

何もしない贅沢な時間を。福岡の岡垣町「杜の七種」でゆったりリラックスステイ!