子連れシンガポール旅行記⑤ セントーサからケーブルカーでミニトリップ

シンガポール5日目。

いよいよ帰国日です。ですがフライトは夜中1:20発の深夜便。丸一日時間があります。

シンガポールの最終日はシャングリ・ラ ラサ セントーサ でのステイだったので、セントーサ島内でUSSやウォーターパークなどに行くことも考えたけど、帰国日なのであまり無理しすぎずのんびりすごすことにしました。

スーパーなんかにも行きたかったので、セントーサ島から本土まで行くケーブルカーに乗りVIVO CITYへ行くことにしました。

レストランで朝食

まずはレストランで朝食。

昨日夕食を食べた同じレストランです。朝食はバイキング形式。洋食、アジア料理、またみそ汁なんかもありました。

キッズコーナーもあり、子供の好きなおかずやパン、コーンフレークなどが並べてあります。子供の背の高さに合わせてあるので自分でお皿に好きなものを取れます。

しかし‥こんなにたくさんのファミリーが泊まってたんだねっていうくらい、ホントに子供だらけ笑

周りに気兼ねしなくていいのは有り難いですけど。

ケーブルカーでミニトリップ

お部屋に戻って荷物をまとめ、ひとまずチェックアウト。

ホテルを出る前にケーブルカーのチケットをVoyaginというサイトで購入。定価だと大人33ドル、子供22ドル、家族分購入すると結構な値段になりますが‥ここで事前にチケットを購入するとなんと43%オフ!!

携帯に届いたバウチャーをカウンターで提示するだけで簡単便利、お得です↓

43% OFF ケーブルカーでセントーサ島へ行こう! 割引 Eチケット

セントーサ島へ行こう!というチケットですが、セントーサ発の往復でも大丈夫です。

荷物はひとまずフロントで預かってもらい、ケーブルカー乗り場へ!

ケーブルカーはSENTOSA LINEMOUNT FABER LINEと2路線あります。

シャングリラ ラサ セントーサ前からはSILOSO POINT駅からケーブルカーに乗ることができ、途中のIMBIAH LOOKOUT駅SENTOSA LINEに乗り換えると本土まで行くことができます。

なんですが、SILOSO POINTのカウンターで携帯に届いたEチケットを見せると、

You can’t take from here, you need to go to SENTOSA station.”

ここからは乗れないからSENTOSA駅まで行って。

と言われてしまいました‥

え?そうなの?と到着したシャトルバス(島内シャトルバスは無料)に急いで乗り込み、SENTOSAまで行きました。そちらのチケットカウンターではこのEチケットで両方のLINEに乗れるよ、と。

これが実際メールで届いたEチケットなのですが、それにもよく見ると書いてありました。

チケットの発券がSILOSO POINT駅のカウンターではできないだけで、どのLINEにも乗ることはできるということみたい。発券くらいどの駅でもできるようにしてほしいですけどね^^;

ま、でも途中寄り道したおかげでセントーサの巨大マーライオンにも会うことができましたが。

こちらの巨大マーライオン、口と頭の部分が展望台になっています。(入場料は大人12ドル、子供9ドル)

19時頃になるとライトアップされ、マーライオンの目も光るんだとか。

さて、そこからエレベーターで少し移動して、SENTOSA駅へ。

無事にケーブルカーに乗り込みました。

キャビンは8人乗り。窓は少し開き、小さい扇風機が付いています。ケーブルカーは窓も大きく開放的、360度セントーサ島全体の景色が見渡せます。

ウォーターパークも上から眺めるとこんな。イルカのプールも見えました。

海を超えて、10分ほど空中散歩を楽しみ、あっという間に本土へ到着!VIVOCITYというショッピングモールに行きたかったので、HARBOURFRONT駅で降りました。

駅で降りて、ハーバーフロントセンターを通り抜け、VIVO CITYへ。

VIVO CITYはとても大きなショッピングセンターです。土曜日なので人も多い!

まずはお昼ごはん。フードコートの一角でとても賑わっていた麺のお店に入ってみました。JIA XIANG KUCHING RESTAURANT

汁なし麺のどんぶりにスープ。え、どうやって食べるの?

周りの人たちが食べてるのをチラ見して真似してスープに浸して食べました。これが予想外に?とても美味しくて!2人前頼んだけど、子供たちがほぼ全部食べてしまいました^^;

子供に麺を全部食べられてしまったので、場所を変えて食べ直し、そしてお酒タイム。

カフェバーのテラス席に案内してもらったら、目の前は水場‥

そりゃ‥遊びますよね。お隣りにはシンガポーリアンのパパと男の子がランチをしていました。

“Hi! Where are you from? How old is he?”

「こんにちは!どこからですか?男の子は何歳?」

“We’re from Japan. He’s now 2years old, but he’ll be turning 3 in a month. How old is he?”

「日本からです。彼は2歳だけど来月で3歳になります。彼は?」

“He’s 4. I’m working at airline and have been to Japan many times. Japan is one of my favorite country^^ ”

「彼は4歳だよ。私は航空会社で働いてるんだけど、日本は何回も行ったことがあって好きな国の一つですよ。」

お隣りのパパとそんな会話をしつつ、昼間からのビールを楽しみました♪

4歳のその男の子と息子はすぐに友達になって一緒に遊びだし、

They are now buddy!!”

2人はすっかり仲良しだね〜

なんてパパさんと笑ってみていたら、

今度は風船を取り合って喧嘩しだし、転んで2人ともびしょびしょ。

“Oh no‥He doesn’t have any extra clothes.We have to go buy some new clothes.”

服ないから買いに行かなくちゃ‥

最後には仲直りして、着替えを買いに行く親子とハイタッチしてお別れしました^^

これぐらいの年の男の子って、することはやっぱり万国共通なんですね〜笑

びしょぬれになった息子を着替えさせ、今度はスーパーへ。

GIANTというスーパーマーケット。何でも売ってます。ドライフルーツやマーライオンのチョコレート、クッキー、またタイガーバームなどお土産を色々と購入しました。

このタイガーバームの蚊よけパッチがいいとの噂を聞き、何箱か購入しました。

そして、再びケーブルカーに乗りホテルへ。

帰りはSENTOSA LINEにもそのまま乗れました。ホテルが見えてきた!

ホテルでプール遊び

ホテルに戻りました。チェックアウトはしていますが、プールやシャワーなどの施設は使ってもOK!ということで、子供たちは再びプール遊び。

空港に行く前にかいた汗もシャワーで流せてさっぱり!

チェックアウト後でもプールサイドのシャワールームや、フロントにお願いすればシャワーの使えるホスピタリティールームも使えるということでありがたいですね。

プールからあがり、シャワーを浴びた後は荷物をまとめてタクシーで空港へ!

シンガポール深夜発の便で日本へ帰国します。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子連れシンガポール旅行記④ マリーナベイサンズからセントーサ島のリゾートホテルへ

子連れシンガポール旅行記② 大人も子どもも楽しめるガーデンズ バイ ザ ベイへ

子連れシンガポール旅行記⑥ シンガポール航空の深夜便で日本へ帰国

子連れシンガポール旅行記① シンガポール航空で福岡からシンガポールへ

子連れシンガポール旅行記③ リバークルーズのちマリーナベイサンズ