子連れシンガポール旅行記③ リバークルーズのちマリーナベイサンズ

シンガポール3日目。

初日、2日目と雨で天気がイマイチだったシンガポール。

この日は朝から気持ちのいい快晴!

天気もいいので、この日はリバークルーズへ行くことにしました♪

朝ごはんを食べて、リバークルーズへ

この日もホテルジェンオーチャードゲートウェイのレストランで朝ごはん。

昨日、朝ごはんを食べすぎた反省をふまえ‥少し控えめに食べました。

日替わりヌードル、卵麺に魚のすり身や厚揚げのようなものが入っています。あっさり、ツルツル美味しい!

お部屋に戻って、少し休んでからこの日もMRTでお出かけ。

ツーリストパスは買わずに、券売機で片道チケットを買いました。

この日の目的地はクラークキー駅。クルーズ船に乗ります♪

券売機で目的地の駅を選択、お金を入れ(10ドル札以上は使用不可)チケットが出てきました。2回目の乗車からはこのチケットにチャージして使用します。

1回目は10セントのデポジットがかかります。3回乗るとデポジットの10セントがリファウンドされ、6回乗ると10セントがディスカウントされます。

券売機でのチケットの買い方も慣れると分かりやすいですよ^^

ステイ先のサマセット駅からクラークキー駅までは途中ドビーゴート駅で乗り継ぎすぐでした。

リバークルールズ船へ

クラークキー駅から徒歩6、7分ほど、川のほとりにリバークルーズ船乗り場がありました。

チケット売り場へ行くと中国人の子供たちの団体が‥一緒の船かな?と思っていたら、別の船で先に出発していきました。ホッ‥

リバークルーズのチケットはホテルを出る前にVoyaginというサイトで購入しました↓

8% OFF リバークルーズ シンガポール 予約 Eチケット

届いた携帯画面のバウチャーをカウンターの女性に

We have this e-tickets.”

このeチケットを持っています。

と言って見せるだけで簡単。少しお得にチケットも購入できて満足^^

こちらのリバークルーズも3〜12歳までは子供料金が必要です。

少し待って案内され、船に乗り込みました。私たちの他にはヨーロッパ系の夫婦が2組。

一番後ろは屋根もない開放的な席です。景色はそちらの方が360度よく見えるのですが、天気がいいので暑くて暑くて。結局船内へ。開け放った窓からの風が心地いい!

船からはシンガポールの様々な観光名所を眺めることができ、陸から見る景色とはまた違って楽しめます。船内は英語の音声ガイドが流れています。

マーライオン、正面から見られるのは船からだけですね!

そして、マリーナベイサンズも!後で泊まりにいくよ〜♪

約40分ほどのリバークルーズをのんびり楽しみました。

再び、クラークキーの船乗り場へ。

ランチ、チリクラブを食べに!

一旦ホテルに戻り、チェックアウトして荷物を預かってもらった後、チリクラブを食べにトンロックシーフードへ。サマセット駅のオーチャードセントラルというショッピングセンター内にあります。

予約必須と書いてあったのでどうかなと思いつつ‥

We don´t have a reservation.Do you have a table for 4?”

予約してませんが、4人入れますか?

昼間の早い時間だったので予約なしでもすんなり入れました。

もし予約するのであれば、トンロックシーフードのサイトからオンラインでできます。

レストランのスタッフさんは子供好きなようで、みんな話しかけてくれたり、水槽のカニを抱っこして見せてくれたり。キッズチェアやカトラリーの用意もありました。

チリクラブの値段は時価。カニの大きさで決まるようです。私たちが行ったときは60ドルでした。子供は辛くて食べられないのでエビを注文。

ここのチリクラブはオレンジが隠し味で入っているそうで、ソースは辛さの中にも爽やかさがありとても美味しいです!

添えられてきたほんのり甘いパンをこのソースにつけるとまた美味しい!

昼間から大満足の贅沢ランチでした♪

マリーナベイサンズへ

さあ、ランチを頂いたあとは荷物を受け取り、タクシーでマリーナベイサンズへ!

Could you go to Marina bay sands, tower 1 please.”

マリーナベイサンズのタワー1にお願いします。

マリーナベイサンズはエントランスが2ヶ所あり、ステイする部屋によってタワーが違います。細長な建物なのでエントランス間違うと結構歩くことに‥一応事前にどこか調べておきました。

マリーナベイサンズ、大きい〜!広い〜!!そして人もいっぱい!

チェックインカウンターは結構込んでいます。マリーナベイサンズには日本語専用カウンターもあり、日本人のスタッフも常駐。日本語カウンターは空いていました。

そんなに並ぶことなく、チェックイン手続き。

日本人のスタッフさんはホントに接客丁寧です!シンガポールではなかなかお目にかかれない丁寧さ笑

プレミアツインを予約していましたが、オーバーブッキング?で空いていないようで‥プレミアキングにエキストラベッドを入れてもらえることになりました。

そしてお部屋へ。ルームキーは子供の分も1人一枚もらえます。

お部屋に入るとカーテンが自動で開きました。外はガーデンビュー。ガーデンズバイザベイが見渡せます。

マリーナベイサンズのノーマルタイプのお部屋にはデラックスルームとプレミアルームがありますが、子連れにはバスタブが付いているプレミアルームがオススメ。バスルームも結構広いです!シャワールームとトイレも左手にあります。

インフィニティープールへ

荷物を置いて、早速水着に着替え屋上のインフィニティープールへ!プールに入る際はゲートを通るので、ルームキーが1人一枚必要になります。

憧れのインフィニティープール!景色も最高です♪

プールの端は浅い子供用のプール。ここなら安心して遊ばせられますね!

特に遊具なんかもないけど、子供たち1時間半ここのプールで遊んでいました。

プールサイドのSpagoラウンジで夕食

一度お部屋に戻って着替えたあと、夕ごはんを食べに再び57階へ!

いくつかレストランやバーがありますが、プールのそばにあるSpagoラウンジへ。ビールやカクテルで乾杯!フードメニューはスパイシーなものが多く‥

“Anything not spicy for the kids?”

子どもたちが食べられる辛くないものある?

と聞くと、辛くないメニューをいくつかオススメしてもらい、また寿司なども辛いものなしで作れるよということで、寿司ロールと唐揚げなどを注文。

プールで泳いだ疲れもあり、子供たち2人とも眠たそうだったので、さっと夕ごはんを済ませてお部屋に戻りました。

帰るころにはレストランからキレイなサンセットが見られました^^

お部屋に戻り、しばらくするとガーデンズバイザベイのショーが始まりました!お部屋が41階と高層階だったので、ちょっとショーを見るには遠かったけれど‥子供も一緒に次々に色の変わる光のショーを楽しみました♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子連れシンガポール旅行記② 大人も子どもも楽しめるガーデンズ バイ ザ ベイへ

子連れシンガポール旅行記④ マリーナベイサンズからセントーサ島のリゾートホテルへ

子連れシンガポール旅行記⑥ シンガポール航空の深夜便で日本へ帰国

子連れシンガポール旅行記① シンガポール航空で福岡からシンガポールへ

子連れシンガポール旅行記⑤ セントーサからケーブルカーでミニトリップ