“子連れで飛行機”で選択するべきオススメの座席は?快適にすごせる座席を確保しよう

子連れでの飛行機。

子供と旅をする上で最大の難関ですね^^;

私は初めての2人子連れ飛行機がいきなりのロングフライト、ホノルル便でした。飛行機を予約した際に座席指定できることをすっかり忘れ‥家族が離れて座ることになってしまい、冷や汗ものでした、、

幸い深夜便で子供たちもぐっすり寝てくれたので助かりましたが‥

その際にやはり子連れで選ぶ座席は重要だ!!と痛感。座る席によってずいぶん快適度も変わるものです。

子連れで飛行機を利用する際は果たしてどの座席を選ぶのがいいのでしょう?

子連れロングフライトで失敗をした経験を踏まえ、子連れが選ぶべきオススメの座席をご紹介したいと思います。

子連れには後方の座席がオススメ!

子連れには後方の座席がオススメです。その理由は‥

後方は空席が多い

飛行機の座席は入口に近い前方の座席から埋まります。

前方の方が乗り込むときもスムーズですし、降りるときも早く降りられます。普通はわざわざ後ろの席を選んだりしないですよね。

満席の便だと後ろの座席まで埋まってしまっているので仕方ないのですが、搭乗率が低い便だと後方は空席が多くなりゆったりすごせることが多いです。

私はタイに行った際に後方の座席を選んだのですが、周りは空席も多くてゆったり座れましたし、子供の座席の前は誰も座っていなかったので助かりました。子供ってテーブルをバーンと勢いよく開いたり、前の席を蹴ったりしますもんね‥

トイレも近く、退避スペースも

後方の座席はトイレも近く、また後ろにはちょっとしたスペースもあるので泣いたりぐずったりしたときの退避場所として使えます。

急におしっこ!という幼児がいる場合はトイレが近いに越したことはないです笑

また下の子が赤ちゃんの時に飛行機に乗った際はなかなか寝てくれなくて、後ろのスペースで抱っこ紐に入れてゆらゆら寝かしつけをしました。他にも同じように子供をあやしているママもいました。

一番後ろということで、人目を気にしなくていいことがメリットです。

後方の方が音が大きい

飛行機の音(エンジン音や排気音など)は後ろの方に流れるので、前方よりも後方の方が実は音が大きいんです。

普通であれば前方の、より静かな座席の方がいいに決まっていますが、子連れで騒がしくしてしまうことが心配であれば、後方の座席の方が多少音が紛れていいかもしれません。

授乳をする場合は窓際を

授乳をする赤ちゃん連れの場合、やはり人の目が気になりますよね。

その場合は人の行き来があまり多くなく人目につきにくい後方窓際の座席を選ぶと授乳もしやすいです。私は昼間の便で10ヶ月の赤ちゃんに授乳をしながらホノルルから帰国しましたが‥真ん中の座席でなーんとなく斜め後ろに座っている男性客の視線が気になってしょうがなかったです。私だけが気にしていたのかもしれませんが^^;

飛行機で授乳する際は授乳ケープもお忘れなく。

>> オシャレで機能的な授乳ケープはこちら

赤ちゃん連れだと便利なバシネット

スクリーン前などの座席は前の壁にバシネットといって赤ちゃんのベッドを設置できます。赤ちゃんをずっと抱っこしておく必要がないので長時間のフライトだとかなりラク。

ただ赤ちゃんが大人しく中で寝てくれるような子であれば‥ですが^^;

我が家も使ってみましたが、出してくれ〜と暴れて結局使用しなかったもので。

でもこの前方が壁の座席はスペースも割と広めでよかったです。上の子供も下にちょこんと座って遊んだりできて便利でした。

バシネットが付けられる席は数に限りがありますので、利用したい場合は航空券を購入したらなるべく早く座席を確保しましょう。

ANAの場合は‥

サイズ:85cm × 45cm × 33cm
お子様の体重:10kgまで

※利用の際は電話で要予約

ちなみに離陸時、着陸時はバシネットは使えませんし、手荷物も足下に置けないのでその点は少し不便には感じるかもしれません。

 

左側通路の座席の方がよりよいサービスを受けられる!

子連れであれば、進行方向を向いて左側通路の座席がオススメです。機内では安全面の理由から左側通路にベテランの客室乗務員さん、右側に新人さんが配置されるという決まりがあるそう。

ですので、左側通路の座席を選ぶことでベテランさんのよりよいサービスを受けることができて子連れにも安心かもしれませんね!

ちなみに、そんなルールを知っていてあえて右側通路の座席を選ぶ男性客もいらっしゃるようですが笑

さいごに

子連れでの飛行機、大丈夫かな?と不安なことも多いかとは思いますが‥私のように初子連れフライトで冷や汗をかくことがないように、機内でより快適にすごせる座席を選んで備えましょう!

子供と快適なフライトをすごせますように^^

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飛行機に乗る前に知っておきたい、親も子も機内で快適に過ごすための方法!

子連れプーケット旅行記① タイ国際航空でプーケットまで移動

海外旅行に行く前に子供が熱を出してヒヤっとしたお話。旅行前は体調管理が重要!

【子連れ飛行機】赤ちゃんは無料?幼児は?国際線の航空券予約で知っておきたいこと

子連れでの飛行機はこれがあれば安心!機内持ち込み荷物のリストまとめました。

ビーチで太陽の日差しを気にせず思いっきり遊ぼう!子どもにしてあげられる日焼け対策